お役立ち情報 お役立ち情報

お役立ち情報

「あの有名講師を独り占めなんて、他の予備校には絶対無理!」チューターが本音で語るメディカルラボの個別指導がマジでスゴい

Share

関西医科大学医学部3年生 中川世来夫さん
1浪を経て一般合格
奈良県立医科大学医学部4年生 守安雅弘さん
1浪を経て一般合格
大阪市立大学医学部2年生 則竹美佳さん
2浪を経て一般合格

医系専門予備校として合格実績NO.1を誇る(※2019年度「医学部予備校ナビ」調べ)メディカルラボ。個別指導を強みとし、生徒の学力、特性に合わせたカリキュラムにより、2019年度入試では医学部医学科合格者数1,004名(最終合格者数、2019年5月6日現在)という高い結果を残しました。
そんなメディカルラボがどのような予備校なのか、現在チューターとして勤務している現役医学部生3名にお話しを伺ってきました。集団授業を展開する大手予備校で浪人時代を過ごしてきた3人だからこそ分かる、「個別指導の魅力」「集団授業と比べた時のメリット」について本音で語っていただきました!

みなさんは浪人時代を経験されていますが、予備校はどこに通っていましたか?

中川:僕は大手の集団予備校に通っていました。
守安:僕も大手の集団予備校で、医学部進学に特化した校舎に行っていました。
則竹:私は、愛知県出身で1浪目に名古屋の大手の集団予備校に、2浪目は同じく名古屋にある少人数制の予備校に通っていました。

それぞれ、メディカルラボではチューターとして勤めていますが、自身が通っていた予備校との違いは感じますか?

中川:すごく感じます。ぶっちゃけ、メディカルラボだったらもっと効率よく医学部に合格できたんじゃないかって思います。

守安:そうですね。やっぱり集団授業と個別授業が全然違うのは、間近で見てすごく感じます。羨ましいですよね(笑)。
則竹:うん、羨ましい…。

みなさんがチューターとして働いて実際に感じるメリットや魅力を教えてください。

中川:僕は大手予備校に通っていた時、ずっと孤独を感じていました。というのも、講師やスタッフが遠い存在だったんです。普段の勉強も1人で進めていて、「このまま続けて本当に合格できるのかな」という不安を日々抱えていました。一方個別指導だと、講師が1対1で本気で向き合ってくれます。本気同士がぶつかって、仲良くなって一緒に合格まで駆け抜けていくんです。

親はよく「頑張ってるね」と声を掛けてくれますよね。その言葉自体は嬉しいんですが、勉強している自分を常に見ているわけではないので、正直そこまで響かないんです。一方、血も繋がっていない講師が本気でぶつかってくれて、自分のことを全部分かったうえで「頑張ってるな」と言ってもらえたらすごく心に響くし、もっと頑張れると思うんです。メディカルラボの講師やスタッフと生徒はそういう関係にあります。そうやって1つのチームとして医学部受験に臨めるのが、メディカルラボの個別指導の魅力だと思います。

守安:僕が思うメディカルラボの個別指導の一番の魅力は、フィードバックが早いことです。大手予備校だと小テストの結果が返ってくるまでに2週間ぐらいかかることがよくあり、結果が出た時には正直問題を覚えてないんですね。メディカルラボだと即日もしくは翌日には結果が分かります。おかげで、問題を覚えているので、分からないこともすぐに聞けます。もし、そのタイミングで講師がいなくても、チューターが教えてくれますしね。

チューターの視点から見て、メディカルラボの講師たちはやはりすごいですか?

中川:大手予備校の有名な講師が、メディカルラボの講師を兼任しているケースが多いんです。

大手予備校では有名講師が3~40人を相手に教えているところ、メディカルラボではマンツーマンで指導している。実際僕が浪人していた時にも、大手集団予備校で人気の有名講師がメディカルラボと兼任していました。このことは、チューターになってから知ったんですが、今考えたらすごく贅沢ですよね。その講師の授業は、とても分かりやすいんですが、自分の学力では進行が速く感じて、毎回音声を録音して、授業後に聞き直していました。集団授業なので、周りの学力と合わないと、どうしても付いていくのが大変な面はあります。

一方、メディカルラボの個別指導だったら、生徒の反応を見ながらスピードを合わせてくれるので、あんな苦労をしなくても済んだのになぁって羨ましく思います(笑)。

指導力が高く、かつ生徒の様子を見ながら授業を進められる「個別指導のプロ」が揃っているんですね。

中川:メディカルラボの講師陣は、医学部受験に関して圧倒的な知識量を持っています。入試で出される問題は、国公立と私立で大きく異なりますし、大学の数だけ種類があります。特に私立の問題はトリッキーなものが多く、自分の志望校と出題形式が似ている問題を他大学の過去問から探すのは至難の技です。

にも関わらず、メディカルラボの講師は、どの大学でどのような問題が出ているかが常に頭に入っていて、生徒の合格に繋がる演習問題だけを厳選して出題してくれます。そんな講師と勉強を進めているからこそ、最終的には志望校の合格点にたどり着くんです。

守安:それだけ実力のある講師だから、生徒との距離があるのかな…ってイメージする人もいると思います。僕も大手予備校に通っていた時は、有名な講師に対して距離を感じていたのを覚えています。でもメディカルラボでは生徒と講師の距離が本当に近い。授業以外の時間で雑談しているのもよく見かけます。いい関係性を築きながら、個別授業を進めているのがよく分かります。

則竹:それこそが、メディカルラボならではの大きな魅力だと思いますよ。講師陣はみなさん経験豊富なので、今まで自分が指導してきた生徒の経験談なども織り交ぜて、様々な勉強法や試験対策のアドバイスをもらえます。プロ講師を独り占めできるなんて、大手予備校はもちろん、少人数制予備校でさえも絶対に無理です!

素敵な関係性ですね。 則竹さんは、2浪目で大手から少人数制予備校に変えた理由は何だったのですか?

則竹:私が1浪目で通っていた大手予備校ではしっかり勉強を見てもらえない感覚があったんです。生徒数が多いので仕方ないことなんですけど、私自身がある程度管理されないとサボってしまうタイプだったので、案の定遊んでしまいました(笑)。

だから、2浪目では自分の勉強の管理をしてほしくて、少人数制予備校に変えました。その予備校は、少人数授業で、生徒数が少ない分サポートが行き届いていましたが、授業を行う講師しかいなくて、受験プランや志望校選択をサポートしてくれるスタッフがいなかったんです。

どういうスケジュールで勉強するか、志望校をどうするか、といったことを自分で全部考えていたので、合っているのか不安でしたし、時間も取られて大変でしたね。メディカルラボでは講師と連携を取って、担任をはじめとしたスタッフが受験プランの立案や志望校選択をサポートしてくれます。これなら、「生徒は勉強に集中できるだろうなぁ」と羨ましく見ています(笑)。

講師と担任で役割分担がされているのは、大手予備校や少人数制予備校にはない、メディカルラボの特徴の1つですね。

則竹:講師は個別学習指導に特化し、担任をはじめとしたスタッフは医学部受験に関する分析と生徒の特性をもとに、大学選びや授業カリキュラムの設計に注力してくれます。講師とスタッフ間の情報共有はシステム化されており、日々の生徒の状況や、学力の進捗を全員が把握できています。そうやって、講師とスタッフが日常的に個々の生徒についてコミュニケーションをとることで、総合的にサポートする体制ができているんです。

守安:担任とは月1回の頻度で面談をします。そこで、学力の伸びや志望校選択について話し合いながら、それぞれの学習進捗に応じて受験プランを細かく調整していきます。面談の内容も、講師陣にフィードバックされるので、それに基づいて指導内容を調整することでより効率的に生徒の学力が伸びるようにしてくれるのです。

則竹:本当に、手厚いですよね…。月1回も面談してくれるなんて、大手予備校だったら絶対にないですよ。

中川:あと、メディカルラボ以外にも「医学部専門の個別指導」を謳っているところはいくつかありますが、教えているのがプロ講師ではなくアルバイトの大学生であるケースが少なくないんです。周りの医学部生も、何人か講師としてアルバイトしています。

え、そうなんですか?

守安:プロ講師と比べると、授業のクオリティは雲泥の差です。医学部生は自分の勉強で忙しいので、そこまで授業内容を工夫することに時間を割けません。ましてや、一人ひとりの生徒の特性や学力を踏まえた指導なんて、不可能に近いでしょう。

中川:実際に授業を担当している友達に聞くと、授業の内容については全部任されているようで、とても大変そうです。

則竹:私も、先輩が眠い目をこすりながら小テストを作っている姿を見たことがあります。「個別指導」だからといって、全てがメディカルラボのように質の高い授業を受けられるわけではないということは、受験生に教えてあげたいですね。

なるほど。みなさんがもし受験当時に戻れるとしたら、メディカルラボには入りますか?

中川:絶対に入る! 医学部を受験する上で最高の環境だと思います。

則竹:私もそう思います。先ほど話した通り、講師とスタッフが連携して行う手厚いサポートのおかげで、合格の可能性は大きく上がります。他と比較して学費が高い傾向にはありますが、私みたいに2浪するんだったら、1年間メディカルラボに通って合格した方が、今後の医師人生を考えてもメリットが大きいですよね。

あと、地味なところですけどロッカーが完備されていて荷物の持ち運びが楽だったり、全ての校舎が駅近くで通学も安心だったりと、女子にはうれしいポイントもたくさんあります。提携の学生寮もあるので、一人暮らしをしながら通う生徒も多くいます。毎日校舎に登校したタイミングと下校するタイミングで親御さんにお知らせメールを送るので、安心して預けられるのではないでしょうか。

守安:僕も同じく、絶対に通いたいです。近い距離で、プロ講師の指導を受けられるのは、メディカルラボだからこそだと思うんです。あれだけの高い指導力と、熱量を持った講師陣の指導を1対1で受けられる。そりゃあ、高い合格実績頷けるなって思います。もしこの記事を読んでいる医学部受験生がいたら、メディカルラボに入ることを強くオススメします!

Share