国公立の医学部を目指しています。ふさわしい学習プランを教えてください。 国公立の医学部を目指しています。ふさわしい学習プランを教えてください。

医学部受験のギモン

国公立の医学部を目指しています。ふさわしい学習プランを教えてください。

Share

受験科目数が多いので、気持ちを切らさず効率的に勉強を進めよう!

過去問演習の記述式問題では必ず添削を

基礎学力を定着させてから、過去問演習に進むのは私立医学部専願の人と同じですが、国公立医学部二次試験は記述式がメインなので、その訓練を積む必要があります。例えば数学であれば、解法でひとつ説明文が抜けただけで減点とされてしまいます。その数点が合否を分けます。数学でも英語でも理科科目でも、記述問題を解いたら学校や予備校の先生に必ず添削をしてもらいましょう。つまずいた箇所に関しては、参考書や問題集で類題を解いていってください。間違えた過去問は時間をおいて3回は解き直しましょう。

センター試験対策

センター試験はマーク式で国公立二次試験とはまったく趣を異にするのは、知っての通りです。センター対策をしている間は、二次試験対策から離れてしまうことになります。しかし、センター試験に失敗してしまうと国公立医学部合格は格段に難しくなるので、11月末くらいに、思い切ってセンター試験対策にシフトしましょう。

過去問は制限時間を守って解くことで、リズムをつかんでいきます。センター試験は過去問演習だけでは対策が足りない時代にもなっているので、つまずいた箇所に関しては、もう一度教科書や参考書を見直して、抜けを徹底的に潰していきましょう。国公立医学部のセンター試験ボーダーラインは得点率85%です。

センター試験後の気持ちの切り替え

センター試験後に平均点が発表されますが、平均点を左右するのは得点率85%付近の人数で、平均とされる65%付近の人数は毎年変わりません。自分が点数を取ることができたら、ライバルも得点できていると考えましょう。

考えたくないことですが、センター試験で失敗してしまったときは、即座に私立医学部対策にシフトしましょう。この気持ちの切り替えが「医者となる」という最大の目的を左右することを肝に銘じてください。

Share