英語が苦手で、何から手をつけていいかわかりません。効率的な勉強法が知りたいです。 英語が苦手で、何から手をつけていいかわかりません。効率的な勉強法が知りたいです。

医学部受験のギモン

英語が苦手で、何から手をつけていいかわかりません。効率的な勉強法が知りたいです。

Share

「単語→文法→長文読解と記述」の流れを意識して、苦手部分を克服しましょう。

文法=公式と考えて、覚えるのみ!

医学部受験では英語の得点はどうしても欲しいところですが、苦手意識を持っている学生も多いはず。漠然と英文と向き合っているだけでは、苦手意識は膨らむばかりです。ここでは「単語の取得→文法の理解→長文読解と記述」という流れを一つのシナリオとして説明します。

はじめに、「文法の理解」。文法は文字通りルールで、数学で言えば公式にあたるもの。英語だからと身構えてしまいますが、数学の公式は覚えるのみ。文法に関してはこの理屈を納得することが大切です。

単語の数が英語力に直結

英語は単語の数が力に直結します。単語を軽んじずにしっかりと身につけるためにはCD付属、または別売りの単語集を使うことがおすすめ。1日30分から1時間、そのCDを聞きながら例文を音読する。これを毎日継続的に行いましょう。重要なのは「音読」するということが。音読というアウトプット行為によって、効率的に記憶していくことができます。また、音読はおろそかになりがちな、発音・イディオム対策にも、また例文を覚えることにより記述問題の対策にもなるので一石二鳥です。

また、医学部受験では、医学系の英単語が長文中に出て来ることがありますが、医学部用語集を購入してそれを覚える必要はありません。過去問演習をしていく過程で医学系の知らない単語に出会ったら、抜き出して単語帳にまとめておく、という癖をつけておけば十分です。

長文読解にも音読が有効

音読は長文読解対策にも有効な手段です。長文読解に関する参考書や問題集を購入するときは、CD付きのものを購入しましょう。これも単語と同様、毎日時間を決めてCDを聴き、音読することを繰り返し、習慣にてしまうことが大切です。

長文対策をしたいと思ったとき、何から手をつけていいのかわからない人も多いと思いますが、自学自習している人は、まず過去問から触れてみましょう。そして、過去問を解くなら、やみくもに取り組むのではなく、同時に傾向の対策をすると効果的。

大学の設問の作り方には傾向があります。まず全体を見て、どこにどんな種類のどんな難易度の問題があるパターンが多いのかを確認して、自分の得意・不得意分野がどこに位置するのかを頭に入れておきましょう。それによって、どの問題から手をつけるかの判断がしやすくなります。

Share