医学部受験のギモン 医学部受験のギモン

医学部受験のギモン

医学部受験でのセンター対策におけるポイントを教えてください。

Share

甘く見ちゃ絶対ダメ! ポイントや対策法を押さえながら計画的に進めましょう。

気を引き締めて対策することが大切!

センター試験は問題の難易度としてはさほどではないので、「直前に過去問で対策していれば大丈夫!」と思っている人も多いのではないでしょうか? 実は学力があってもセンター試験で失敗してしまうという落とし穴にはまってしまうこともあるのです。「まだ、なんとかなる」という気持ちは禁物。センター試験で失敗してしまったがために志望校を変えざるを得ないという事態に陥らないように、気を引き締めて対策することが大切です!

センター試験は時間に対する問題数が多く、巧妙にひねられた選択肢の設問があることが特長です。出題にパターンがあるので、過去問で対策をする人が多いと思いますが、あまりパターンに頼りすぎると、問題傾向が変化したときにつまずくこともあるので注意が必要です。

また、過去問に執着しすぎて、あまりにも古い過去問にまで手を出すのもNG。古い問題は出題傾向が違うので、無駄な時間を費やすことになってしまいます。センター試験は2015年より新課程となりました。旧課程からの移行で大きく変更があったのは、数学と理科です。この2科目に関しては2015年以降の過去問に予想問題集を加えて演習を行うと良いでしょう。その他の科目については、現在「旧課程」と言われている過程に移行した2006年以降の問題で過去問演習を行うと良いでしょう。

過去問を軽視せず、インプットした知識を過去問演習でアウトプットする

出題パターンや過去問に頼り切って陥る失敗と反対に、過去問を軽視して失敗するパターンもあります。知識を頭に入れても、それをアウトプットする訓練をしておかないと得点には結びつきません。インプットした知識は過去問演習できちんとアウトプットしておきましょう。

また、苦手な設問を克服したはいいがそれに費やした時間と得点の伸びのバランスが悪い、ということもあります。目標点やボーダーを意識しながらバランス良く勉強していきましょう。全体をイメージすることは、気分次第で無計画な勉強になってしまうことの予防にもなります。

そして試験本番に焦りを感じないように、時間を計って演習をすることが大切です。

センター対策は余裕のある時期に少しずつ進め、直前の12月頃に本格スタートするのが理想

センター対策は直前の12月頃から過去問演習などで対策を始めるのが良いですが、医学部入試の二次試験に使用しない、文系科目の国語や地歴公民に関しては、現役生は授業の段階から、浪人生は試験直前ではなくまだ余裕のある時期に、ほかの勉強の負担にならない程度に知識を積み重ねていくのも良い方法です。また、文系科目の「なんとなく解ける」は得点のばらつきを招くこととなり、学習の長いブランクは思わぬ得点力の低下を引き起こす可能性もあります。

Share

ページ: 1 2