医大ライフ 医大ライフ

医大ライフ

部活を掛け持ち、テスト勉強4時間! 忙しい日々も仲間となら楽しい

Share

名古屋大学 医学部 3年生 S.Aさん
硬式テニス部、ダンス部に所属

医学部合格後の情報も知りたい受験生に、現役医大生の生の声をお届けする「医大ライフ」。今回は、名古屋大学の医学部に通うS.Aさんにお話を伺いました。現在3年生のAさんは、テニス部とダンス部を掛け持ちしているのだとか。部活、プライベート、そしてメインの学業をバランスよくこなすAさんの医大ライフをご紹介します!

今日は、医学部での生活についてお聞かせいただければと思っています。サークルや部活には入っていますか?

硬式テニス部とダンス部に入っていて、両方、医学部学生のみの部活です。テニスは週1〜2回、土曜日と平日に参加必須の練習があって、ダンスの方でも週2回の練習に出ています。大学にもよるかもしれませんが、僕の大学は部活を掛け持ちしてる人が結構多いですね。多い人だと3つ入っている人もいます。

なるほど。その2つを選んだ理由は?

単純に楽しそうだなと思ったのと、新入生歓迎会の雰囲気が良さそうだったので。あと、仲の良い同級生が同じ部活に入っていたからというのもあります。

部活を通して、医学部生との交流は増えましたか?

そうですね。部活の飲み会に参加したり、仲良くなった友達と遊びに行ったり飲みに行ったりしています。部活全体の飲み会は多くて月に1〜2回程度、それ以外は毎月あるかないかくらいの頻度です。「医学部では部活に入った方がいいよ」とは入学したら確実に言われるんですが、本当にその通りだなと思いました。テストに関する情報や、高学年になってからは病院についての情報を教えてもらえるので、先輩との繋がりはとても大きいです。

実は、卒業・就職してからも縦の繋がりというのは大事なようで、例えば名古屋大学を卒業して名古屋の病院に就職した時に、大先輩の先生から「名古屋大学のテニス部だったの?」といった感じで声をかけてもらったり、会話のきっかけになったりすることもあるそうです。また、医学部の部活・サークルは他に比べて縦の関係が厳しいので、人間関係や、医師になった時のマナーを学べるという社会勉強的な面もありますね。

アルバイトは何かされていますか?

チューターと個別指導をやっています。周りも塾などの教育系のアルバイトをやっている友達が多いですね。あとは飲食系とか…。そろそろ自分もその辺りのバイトをやってみようと思っているんですが。それ以外の変わったアルバイトをやっている人はあまりいないです。


部活とアルバイトで忙しそうですが、大学の勉強はどうですか?

学校が9時〜16時までで、その後にバイトか部活か遊びに行く、という生活ですね。僕の大学は詰め込みタイプで、2年生の後期と3年生の前期が一番忙しいと言われています。2年生の後期にあたる11月の終わりから2月の終わりまでは、8〜9つくらいのテストが1週間ごとにあるんですが、どれも基礎科目でとても重いテストなんです。僕の大学ではこれを「パーレン」と呼んでいて、3年生の前期も同じように重いテストが続きます。バイトなどもあるので日にはよりますが、テストの時期は、毎日4時間は勉強する時間を取っていましたね。テスト期間以外は、割と余裕があります。

大学3年間の中で楽しいと思ったことはどんなことですか?

友達とキャンプや旅行に行ったり、遊びに行ったりすることですね。旅行などの特別な時だけじゃなく、「テスト終わったから飲もう!」みたいな感じで日常的に集まるのも楽しいです。先輩と行っても楽しいですけど、普段からの気心の知れた友達と過ごすのはやっぱりいいですね。医学部は専門科目で、ずっと同じメンバーと同じことを勉強しているので、ちょっと退屈に感じる部分があるのかもしれません。あと、今はダンス部でLOCKというジャンルのダンスを練習しているんですが、発表会にチームで参加したりするので、楽しんでやれているなぁと思います。買い物や旅行、ゲームはいい気分転換になっています。

最後に、今後について教えてください。

全体の半分くらいの人はどの専門に進むかを決めていたりするんですが、僕はまだぼんやりとしかめていません。小さい頃の夢は祖父のような開業医だったんですが、今は市中病院で働くのもいいなぁという風に思っています。色々と実習を重ねていく中で決めていければ。これは入試の面接でも話したことなんですが、実際に見てみないことには何もわからないですよね。何も知らないまま決めるのはどうなのか、と自分では思っているので、広い視野を持っていたいです!

Share