医大ライフ 医大ライフ

医大ライフ

バレーボール部キャプテンを務めながら、学業にも邁進!

Share

藤田医科大学医学部3年生 M.Eさん
バレーボール部に所属

意外に知られていない、医学部生のリアルな日常をお届けする「医大ライフ」。今回は藤田医科大学医学部に通う、Eさんにお話を伺いました。バレーボール部のキャプテンを務めながら、バイト、学業の全てを楽しみ、頑張るEさんは、休日には友人と遠出したり、充実した日々を送っています。そんなEさんがどんな大学生活を過ごしているのか、詳しく聞いてきました。

今日は、医学部でのありのままの生活についてお聞かせください。Eさんは部活のバレー部のキャプテンをされているそうですが、バレー部に入ったきっかけを教えてください。

中学生の時にゴルフ、高校生の時にバドミントンをしていたので、最初はその二つで迷っていました。新入生歓迎会で、その二つの部活を見に行ったのですが、比較的年上が多かったことと、どちらかと言うと本格的に活動している印象を受けて、もう少し緩く活動したいと考えていた僕に合わないなと思い他を探すことにしました。それで、ふとバレー部を見学したら、部の雰囲気がすごく心地よく、部員のカラーが僕に合うなと思い入部を決めました。僕はバレー未経験だったんですけど、バレー部には初心者も多く、アットホームな雰囲気だったので安心して入れましたね。

バレー部に入った後のお話を聞かせてください。

アットホームが決め手で入部したのはいいんですが、大会で勝つことを覚え、徐々に結果を求めるようになりました。サークルっぽい雰囲気から、いい意味で体育会系の雰囲気へのシフトチェンジが起こったんです(笑)。そんな中、先輩からキャプテンに任命され、最初は戸惑いながらも、今はメリハリをつけながら楽しくやっています。キャプテンとして練習メニューを考えたり、部員の相談に乗ったり、追いコンなどのイベント事を仕切ったり、大変ですけど充実していますよ。


お休みの日はどのように過ごされていますか?

バイトか友人と遊んでるかどちらかですね。バイトはゴルフ場のキャディーをしています。中学の時にしていたゴルフの経験が活きて楽しいですね。

入学してすぐ仲良くなった友達がみんな部活も同じで、ずっとその5人組で遊んでます。藤田医科大学は車を持っている人が多くて、ドライブして泊まりの旅行によく出かけます。僕はそうでもないんですけど、服がブランドものだったり、ハワイに別荘を持っていたり、「王将の餃子なんて食べれない」とか言ったりと、お金持ちの人も少数ですがいて、驚くこともあります。王将のくだりは、僕は猛反論しましたけどね(笑)

大学について教えてください。

藤田医科大学は、県外から進学する人が多いです。ここで勉強して、卒業後は地元に戻って医者になる、といったパターンが僕が知っている限りでは多いと思います。

勉強は比較的忙しいのかなと思います。学年にはよるんですが、期末だけではなく中間テストがあったりもします。3年生になると、一カ月半に一回全科目の復習テストがあります。国試に沿ったマーク式のテストもあり、それはそれでいい経験になるのでありがたいですね。テストが近づくと一日四時間くらいは勉強にあてていると思います。

最後に、Eさんがなりたい理想の医師像について教えてください。

医学に関する豊富な知識があるのは当たり前ですが、それ以外の領域の知識や教養を身につけて、患者さんとのコミュニケーションの幅を広く持てるようになりたいと思っています。その上で、患者さんを第一に考える医療を提供できる医師になりたいです。


Share