医大ライフ 医大ライフ

医大ライフ

大学生活を謳歌しながらも悩む女医の卵のリアル

Share

滋賀医科大学医学部3年生 T.Aさん
柔道部(マネージャー)、スノーボード部、ダンスサークル、軽音部

意外に知られていない、医学部生のリアルな日常をお届けする「医大ライフ」。今回は、滋賀医科大学に通うT.Aさんに、部活や大学の雰囲気などのキャンパスライフの様子から、進路や将来の話について、幅広くお話を聞いてきました!

まず、所属されている部活動について教えてください。

私はダンス部に所属しています。中学生の時に少しダンスを習っていたことがあったんですが、厳しかったので1年でやめてしまいました。でもダンス自体は好きだったので、高校でも有志で集まって踊ったりしていて、大学で本格的に再開することにしたんです。
10月末に学祭があって、ダンス部にとっては1年で一番大きいステージなので、今は週6で練習しています。私はジャンルのリーダーとして振り付けや音源を作ることが多いです。ちなみにジャンルはヒップホップです。
学祭以外の時期は、他の部活にも満遍なく参加しています。

学祭でダンスを披露
学祭でダンスを披露

滋賀医科大学の医学部はどのようなところですか?

1学年に120人いて、看護学科もあります。何より特徴的なのは、多浪生や再受験組などの異色のキャリアを持つ人が多いこと。私の学年には、高卒で数年働いて入学した人や、財務省出身の人、大手企業に勤めていた人、既婚者などいろんな人がいます。受験会場の雰囲気も独特で、おじいさんやおばあさんが高校生に混じっていたするんです。

お昼ごはんは学食を利用することが多いですか?

大学が山の上にあって、下山しないと飲食店がないので、基本みんな弁当か学食ですね。私もよく学食を活用しています。よっぽど長い空きコマがあった時は、たまに山を降りて外食することがあります。

息抜きにみんなで近くのラーメン屋さんに行くことも
息抜きにみんなで近くのラーメン屋さんに行くことも

どこに遊びに行くことが多いですか?

最寄駅の瀬田駅には飲み屋さんや遊べる場所があまりないので、京都の河原町まで出ることも多いです。電車で3、40分で行けるので、ちょっと頑張ればいつでも遊びに行けます。

Tさんはどうやって通っているんですか?

私は実家が近いので、いつも親に車で送迎してもらっています。学校の駐車場を使えるのは6回生だけで、それ以外は許可されていません。原付かバス、自転車で通学する人が多いです。周りは下宿生が多い気がしますね。

最後にTさんの思い描く将来像を教えてもらってもいいですか?

元々はスポーツドクターになりたかったんですけど、今は結婚したい気持ちが強いです。親が開業しているので、いずれは継ぐことになるんでしょうけど、働き出したら忙しくて出会いが減ると聞きます。なので、学生のうちに将来の旦那さんとは出会っておきたいですね。最近は女友達とこんな話ばかりしています(笑)。
もちろん理想は家庭と仕事の両立ですが、現実を考えると結婚して子育てをすると「こんな仕事をしたい」という思いもどこかで妥協する必要が出てくると思いますし、私はやはりプライベートのほうを優先させてこれから生きていきたいです。
同じような価値観じゃないと仲良く一緒にいれないと思うので、相手は医者がいいと思っています。バリバリのキャリアウーマン像ではないですが、今はこんな風に考えています。

Share